交通事故防止対策の再徹底について

 3月12日深夜、青森市浪打1丁目の国道4号線において、本県事業所のトラックが横断歩行者に衝突し、女性(当時55歳)が死亡するという重大事故が発生しました。

 詳しい事故の状況については調査中ですが、事故現場は片側3車線の信号のある十字路交差点で、事故当時は小雨で路面が濡れていたということです。

 本県事業所のトラックによる死亡事故については、統計上死亡事故として計上されなかったものの、本年1月14日深夜に宮城県富谷市の東北自動車道下り線で、停車中の乗用自動車に追突し、運転していた女性が数日後に死亡するという事故が発生しており、この事故を含めると実質的には死亡事故発生件数は2件で死者は2人ということになります。

 会員の皆様には、このように交通事故情勢はこの先憂慮すべき状況であることを認識していただき、これから交通量が多くなる行楽期を迎えるにあたり、トラック運送業界の社会的信頼の失墜につながる飲酒運転の根絶はもとより、下記事項の周知徹底方によりトラック輸送の安全確保に万全を期されるようお願い申し上げます。

◇ 確実な点呼の実施 (健康チェック、アルコールチェックの徹底)
◇ 最新の交通情報、気象情報の活用
◇ 時間にゆとりのある運行計画の徹底
◇ 運転者に対し、交通事故防止対策の指導徹底
 ・夜間におけるヘッドライトのハイビーム、ロービームのこまめな切り替えによる歩行者、自転車利用者の早期発見
 ・薄暮時間帯における早めのライト点灯や明け方の時間帯におけるライト点灯
 ・信号機のない横断歩道における歩行者優先の徹底
 ・勤務中(休憩、仮眠時を含む)における飲酒の禁止
 ・車間距離を十分にとって速度は控えめ
 ・あおり、幅寄せ行為等の危険運転の禁止

 

2019年3月13日 | カテゴリー : 交通安全 | 投稿者 : admin

2019年度「運輸ヘルスケアナビシステム」活用セミナー及び睡眠時無呼吸症候群(SAS)対策セミナーに開催について/4月9日(火)青森県トラック協会研修センター【終了しました】

 全日本トラック協会では、定期健康診断の事後措置の徹底を図る支援の一環として、トラック事業者に特化した「運輸ヘルスケアシステム」を構築し、システム活用に伴う実証実験を実施したところですが、今般、より多くの運送事業者が本システムを活用し、健康診断結果のフォローアップに役立てていただくため、本システム活用セミナーを開催することといたしました。
 また、睡眠時無呼吸症候群(SAS)対策についても、ドライバーの健康と安全を確保して行くうえで喫緊の課題であることから、これと併せて、健康起因事故防止対策の充実強化を図りたいと存じますので、ご多忙とは存じますが、是非ともご参加賜りますようお願い申し上げます。

日時
4月9日(火) 13:30~16:00

場所
青森県トラック協会研修センター
青森市荒川品川111-3 電話017-729-2000

講習内容

第1部

「運輸ヘルスケアナビシステム®を活用した定期健康診断のフォローアップ

13:30~13:35

開会の挨拶 主催者 公益社団法人全日本トラック協会

13:35~14:35

「定期健康診断のフォローアップ
    (運輸ヘルスケアナビシステム
®)」
NPO法人ヘルスケアネットワーク(OCHIS)

           保健師 黒田 悦子

・運輸ヘルスケアナビシステム®の必要性について
・定期健康診断から読み解くドライバーの健康
・活用法と事例紹介(3~5社)
・運輸ヘルスケアナビシステム®の概要
・お申し込みからフォローアップまでのサポート 

 

14:35~14:45

 ≪休憩≫

2

睡眠時無呼吸症候群(SAS対策

14:45~15:45

「トラック事業者におけるSAS対策の
           スタートから運用まで」
NPO法人ヘルスケアネットワーク(OCHIS)

          副理事長 作本 貞子
 国土交通省健康起因事故対策協議会委員
 (「安全と健康を推進する協議会(両輪会)」代表)

・SASと健康起因事故           
・SASスクリーニング検査の進め方
・SAS検査後のフォローアップの進め    
・活用法と事例紹介

★SAS & NAVI 無料お悩み相談会について

15:45~16:00

 質疑応答 

16:00

 閉会の挨拶

 

申込方法
4月2日(火)締切り

下記申込用紙によりヘルスケアネットワーク大阪オフィス宛(FAX:06-6965-5261)に直接お申込ください。

その他
2019年度「運輸ヘルスケアナビシステム」活用及び睡眠時無呼吸症候群(SAS)対策セミナー 全ト協HP
主催:(公社)全日本トラック協会 委託:NPO法人ヘルスケアネットワーク
協力:(公社)青森県トラック協会

お申込・問合先
 NPO法人 ヘルスケアネットワーク(OCHIS)

 【東京オフィス】
  〒101-0052  東京都千代田区神田小川町1-3-1 NBF小川町ビルディング4階
  (一社)専門医ヘルスケアネットワーク事務局内
  TEL:03-3295-1271 FAX:03-3295-1274

 【大阪オフィス】
  〒536-0014  大阪市城東区鴫野西2-11-2 大阪府トラック総合会館3階
  TEL:06-6965-3666 FAX:06-6965-5261

 

トラック運送業界の働き方改革実現に向けたアクションプラン等周知セミナーの開催について/3月26日(火)青森県トラック協会研修センター【終了しました】

 全日本トラック協会では昨年3月に策定した、トラック運送業界の働き方改革に向けたアクションプランに基づき、トラック運送事業者の取り組み内容を具体的かつ詳細に説明した解説書を作成しました。
 今般、トラック運送事業者が時間外労働の上限規制をはじめとした働き方改革に適切に対応できるようにするため、本解説書等を活用したセミナーを、全日本トラック協会との共催により開催することといたしました。
 つきましては、業務ご多忙の折、誠に恐縮とは存じますが、ご参加下さいますようご案内申し上げます。

日時
平成31年3月26日(火) 13:30~15:40

場所
青森県トラック協会研修センター
青森市荒川品川111-3 電話017-729-2000

講習内容
・「働き方改革関連法」及び「改正貨物自動車運送事業法」の概要について

・トラック運送業界の働き方改革実現に向けたアクションプランについて

申込方法
下記申込書をFAXにて青森県トラック協会事務局宛に3月20日(水)までにご連絡ください。

この記事に関するお問い合わせ先
 公益社団法人青森県トラック協会 業務部 電話017-729-2000

特殊車両通行許可制度講習会を開催します。/3月13日(水)青森県トラック協会研修センター【終了しました】

全日本トラック協会と当協会の間に設置されていますTV会議システムを活用した「特殊車両通行許可制度講習会」を下記にて開催いたします。

日時
平成31年3月13日(水)

場所
青森県トラック協会研修センター
 住所:青森市荒川品川111-3 電話:017-729-2000

講習内容
(1)大型車両に係わる最近の法令・通達改正状況について
   <車両制限令・車両保安基準・制限外積載 他>
(2)高速道路に係わる大口・多頻度割引の見直し対応について
(3)今後の改正について 等

講習対象
特殊車両通行許可制度について基礎知識のある方

講習方法
インターネット回線を用いて全日本トラック協会と都道府県トラック協会とを結び、講師が講習を行います。
受講者は、配布資料とTV会議システム画面を見ながら受講することとなります。

申込方法
「参加申込書」をFAX(017-729-2266)にて3月12日(火)までご連絡ください。

お問合せ先
公益社団法人青森県トラック協会 担当:業務部 電話017-729-2000

整備管理者選任前研修が開催されます/2月26日(火)【終了しました】

 道路運送車両法第50条第1項並びに同法施行規則第31条の4第1項の規定による標記研修が、下記日程により開催されますのでお知らせいたします。

日時
 平成31年2月26日(火)13:30~15:45(受付13:00~)

場所
 青森県トラック協会研修センター 2階 大研修室(青森市大字荒川字品川111-3)

対象者
 整備士の資格を持っていない方で、整備管理者への選任を予定している方

受付締切
 平成31年1月31日(木)

 ※会場等の関係から受講者多数の場合は、受付締切日前に締め切らせて頂く場合がありますのでご了承下さい。

受講申請方法
 下記①~③を青森運輸支局へ郵送、又は窓ロへ持参してください。FAXでの受講申請は受け付けておりませんのでご注意ください。

① 受講申請書
② 運転免許証等のコピー(氏名、生年月日が正確に確認出来るもの)
③ 返信用封筒(宛先を記載し、送料分の切手を貼付したもの)

申請書送付先
〒030-0843 青森県青森市大字浜田字豊田139-13 青森運輸支局 検査整備部門宛

受講申請書は下記からダウンロードして下さい。

運輸支局で受理後、③の返信用封筒にて申請者に受講票(受講者1名につきA4サイズ1枚)が送付されます。複数名分を一度に申請する場合は返信用封筒の料金にご注意ください。
なお、選任前研修の申請については、青森県トラック協会では代理受理、返送手続きは行っておりませんのでご了承下さい。

注意事項

① 研修日の1週間前になっても受講票が届かない場合はお問い合わせ下さい。
② 研修申込書の連絡先は携帯電話、会社等の日中連絡が可能なものを記入願います。
③ 研修会場までは、気象条件等により予想以上に時間がかかる事もありますので、十分な余裕を持っておいで下さい。
④ 駐車場に限りがございます。乗り合わせ等、ご協力をお願いします。
⑤ 貴重品等の管理は各自で確実に行う様お願いします。会場における盗難、紛失等について、一切の責任を負いません。
⑥ 過去に本研修を修了している方(他都道府県において行われた研修を含む)又は、次項の②に該当する方については本研修の受講の必要はありません。
⑦ 申込期間外の申し込みについてはお断りいたします。

整備管理者の資格要件

① 自動車の点検・整備又は整備の管理について2年以上の実務経験を有し、かつ本研修を修了された方。
② 自動車整備士(一級、二級又は三級)の資格を取得されている方。

お問合せ先
  東北運輸局 青森運輸支局 検査整備保安部門 電話017-715-3320

事業用自動車の飲酒運転防止の徹底について

 平成30年12月26日付けで、東北運輸支局青森運輸支局長から「事業用自動車の飲酒運転の防止について」周知依頼文書が発出されました。
 内容につきましては、

○ 東北運輸局管内において昨年9月以降、立て続けに貨物自動車運送事業者の運転者による飲酒運転を伴う事故が3件発生している。

○ 運転者が遠隔地で休息中、又は対面点呼後の乗務中に飲酒が行われている。

○ 自動車運送事業者は、飲酒運転を伴う事故が発生した場合、速やかに管轄の支局長へ報告しなければならないのに速報がなされなかった。

○ 社会的にその行為が強く禁じられている飲酒運転が依然として後を絶たない状況は、自動車運送事業の信頼を著しく失墜させるもであり、各支局管内の関係事業者に再発防止対策の周知徹底を図られたい。

 というものです。
 言うまでもなく、事業用自動車の安全かつ確実な運行は自動車運送事業者の責務であります。会員の皆様には、上記3件の飲酒を伴う事故の内1件は本県事業者による事案であることを認識していただき、下記事項の周知徹底方によりトラック輸送の安全確保に万全を期されるようお願い申し上げます。

1.点呼の厳正な実施

(1)点呼の実施にあたっては、運転者の状態を目視等で確認するほか、アルコール検知器を用いて酒気帯びの有無を確実に確認すること。

(2)特に遠隔地における点呼でのアルコール検知器の適切な使用を徹底するとともに、酒気帯びの有無を確実にチェックできる管理体制や手法を構築すること。

2.運転者に対する指導監督の徹底

 乗務中における飲酒の禁止を徹底し、酒気帯び運転の危険性やアルコール依存症の危険性、法令遵守等について計画的かつ継続的に教育を実施するとともに、運転者の健康診断、適性診断結果をもとに個人面談等を行い、飲酒習慣のある運転者に適切な指導を行うこと。

3.事故速報の徹底

 自動車事故報告規則第4条第1項各号に掲げる事故が発生した際には、24時間以内においてできる限り速やかに管轄する運輸支局長に速報すること。


事故速報様式・速報フローは下記よりダウンロードできます。

【通達】

中小トラック運送事業者のためのIT活用セミナーの開催について~ITを活用した生産性向上~/2月7日(木)【終了しました】

 業界の人材不足対策の一環として、中小トラック運送事業者における情報化推進による生産性の向上を支援すべく、ITの活用方法や事業者の導入希望の高いIT機器類の導入事例等を紹介する標記セミナーを全日本トラック協会との共催により開催致します。
 つきましては、業務ご多忙のところ誠に恐縮とは存じますが、ご参加くださいますようご案内申し上げます。

日時
2月7日(木) 13:30~16:00

場所
青森県トラック協会研修センター
青森市荒川品川111-3 電話017-729-2000

講習内容
・ITの活用(業界における情報化の現状、効果的なHPの策定、活用のメリット)
・IT導入成功事例
・全ト協車両原価計算シートの活用
・中小トラック事業者の情報セキュリティ対策

講師
株式会社近代経営システム研究所 代表取締役社長 森高 弘純氏

申込方法
下記申込書をFAXにて青森県トラック協会事務局宛に1月28日(月)までにご連絡ください

この記事に関するお問い合わせ先
 公益社団法人青森県トラック協会 業務部 電話017-729-2000

 

 

平成30年度第2回運行管理者試験(貨物)受験対策講習会を開催します/八戸会場2月5日(火)~6日(水)・青森会場2月8日(金)~9日(土)【終了しました】

日時
八戸会場 2月5日(火)~6日(水)9:00~18:00(受付8:30~9:00)
青森会場 2月8日(金)~9日(土)9:00~18:00(受付8:30~9:00)

場所
【八戸会場】三八地区研修センター     (八戸市大字長苗代字化石26-11)
【青森会場】青森県トラック協会研修センター(青森市大字荒川字品川111-3 )

講習
1日目:関係法令の習得
2日目:過去に出題された問題と模擬試験の解説

使用教材
輸送文研社発行の「(貨物編)過去の問題の解説と実践模擬問題 平成31年3月版」 定価2,592円(税込)をテキストとして使用しますので事前に各自ご準備願います。
(お問合せ先)
○テキスト販売元  株式会社 輸送文研社:電話03-3861-0291
○テキスト取扱トラック協会支部
 青森支部:   電話 017-729-3000 / 南黒支部:電話 0172-52-7339
 三八支部:   電話 0178-28-2313 / 下北支部:電話 0175-31-0230
 上十三支部:電話 0176-23-3977

◆支部販売分に限り1月24日(木)迄、別紙申込書により注文を承ります。(会場での当日販売はありません)
※締切日以降に注文される方は、販売元、各支部に直接お問い合わせ下さい。

申込期限
別紙申込書により、1月31日(木)迄お申し込み下さい。
会場の関係上、先着順にて定員になり次第、締め切りますのでご了承下さい。
定員に限りがございますので、受験者以外の参加はご遠慮下さい。

この記事に関するお問い合わせ先
 公益社団法人青森県トラック協会 業務部 電話017-729-2000

 

交通事故並びに飲酒運転防止対策の再徹底について

 12月3日深夜、弘前市内の県道において、本県事業所の中型トラックが歩行者に衝突し、高齢男性が死亡するという重大事故が発生しました。

 詳しい事故の状況については調査中ですが、事故現場が片側一車線の見通しの良い直線道路であることから、運転者が歩行者の発見が遅れたことにあるとみられています。

 これを受けて、当協会宛に青森県警察本部交通部長から「交通死亡事故抑止に向けた取組について」の周知依頼文書が発出されております。

 今回の事故により、本年の本県事業所のトラックによる交通死亡事故は、4件(前年比±0)で死者数は4名(前年比-1)となり、予断を許さない状況にあります。4件の死亡事故は、いずれも深夜又は薄暮という見通しの悪い時間帯に発生していることから、会員の皆様には県内の死亡事故の3件(死者3名)は県内事業所のトラックによるものであること、また最近判明した事実として、9月に十和田市で発生した重傷事故では、第一当事者である本県事業所のトラック運転者が飲酒運転で検挙されていたということを認識していただき、これから厳寒期を迎えるにあたり、トラック運送業界の社会的信頼の失墜につながる飲酒運転の根絶はもとより、下記事項の周知徹底方によりトラック輸送の安全確保に万全を期されるようお願い申し上げます。

◇ 確実な点呼の実施 (健康チェック、アルコールチェックの徹底)
◇ 最新の交通情報、気象情報の活用
◇ 時間にゆとりのある運行計画の徹底
◇ タイヤチェーンの携行
◇ 運転者に対し、冬道の交通事故防止対策の指導徹底
 ・夜間におけるヘッドライトのハイビーム、ロービームのこまめな切り替えによる歩行者、自転車利用者の早期発見
 ・薄暮時間帯における早めのライト点灯や明け方の時間帯におけるライト点灯
 ・信号機のない横断歩道における歩行者優先の徹底
 ・勤務中(休憩、仮眠時を含む)における飲酒の禁止
 ・車間距離を十分にとって速度は控えめ
 ・急ハンドル、急ブレーキなどの「急」のつく操作の禁止
 ・早めの燃料補給

 

【通達】

2018年12月18日 | カテゴリー : 交通安全 | 投稿者 : admin

「トラック運送事業者のための人材確保セミナー」を開催します/1月23日(水)青森県トラック協会研修センター【終了しました】

 トラック運送業界では人材確保対策が喫緊の課題であることから、当協会では全日本トラック協会との共催により、若年、女性ドライバー等の確保、定着、育成等の参考となる標記セミナーを開催し、会員事業者の輸送力確保に寄与していくこととしております。
 つきましては、業務ご多忙の折、誠に恐縮とは存じますが、ご参加くださいますようご案内申し上げます。


日 時
 平成31年1月23日(水)13:30~17:00

場 所
 青森県トラック協会研修センター
 (青森市大字荒川字品川111-3 電話017-729-2000)

講 師
 株式会社コヤマ経営 代表取締役 小山雅敬 氏

内 容
 
(1) 人材不足時代における運転者人材の実態

 (2) 運転者人材等の採用
 (3) 新卒者、女性、高齢者の雇用促進
 (4) 人材が定着するための職場環境の整備

申込方法
 下記リンクより参加申込書をダウンロードし、1月11日(金)までに青森県トラック協会宛ファックスにてお申込ください。

この記事に関するお問い合わせ先
 公益社団法人青森県トラック協会 業務部 電話017-729-2000