事故防止大会を開催~同時開催「トラック追突事故防止マニュアル活用セミナー」

 事業用トラックによる交通死亡事故絶無達成に向け、「事故防止大会」を開催、また、全日本トラック協会との共催による「トラック追突事故防止マニュアル活用セミナー」を8月23日に同時開催しました。

 追突事故は事業用トラックの人身事故において約半数を占め、業界の安全対策における最重要課題の一つとなっており、全日本トラック協会が追突事故防止に関してとりまとめた「トラック追突事故防止マニュアル~追突事故撲滅キット~」の内容を丁寧に説明した上で小集団での情報交換を行い、理解を深めまました。

 また、セミナー終了後に、事業用トラックによる重大、死亡交通事故防止を図るため、「トラック事業における総合安全プラン2020」において掲げられている取組みを強力に推進する「事故防止安全決議」を採択し、より一層の事故防止機運高揚と、更なる安全対策推進を誓いました。


事故防止安全決議

一、行政・事業者の安全対策の一層の推進と、利用者を含めた関係者の連携強化による「安全トライアングル」の構築を推進しよう。
一、飲酒運転などの悪質な法令違反を根絶しよう。
一、自動運転、ICT技術など、新技術の活用促進による安全性向上を図ろう。
一、超高齢社会を踏まえた高齢者事故の防止対策を徹底しよう。
一、事故関連情報の分析等に基づく特徴的な事故等への対応を実施しよう。
一、各地域における交通安全のための取組みに積極的に参加し、より良い交通環境の実現に貢献しよう。


  

夏の交通安全県民運動「街頭キャンペーン」に参加

毎年7月に実施されている「夏の交通安全県民運動」の一環として、7月20日に行われた青森県高速道路交通安全協議会(今井康雄会長)が実施している街頭キャンペーンに参加

青森中央インターチェンジ料金所入口にて、高速道路利用者に対し

・全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

・飲酒・暴走運転の根絶

等について啓発を行いました。

 

第47回青森県トラックドライバーコンテストの開催

 7月14日、青森中央自動車学校にて第47回青森県トラックドライバーコンテストが開催され、11トン、4トン、トレーラ、女性の各部門に計17名の選手が出場、交通法規学科試験、整備点検競技、運転技能競技にて出場選手がその知識及び技能を競いました。
 各部門優勝選手は、10月に茨城県の自動車安全運転センター中央研修所で行われる全国大会へ出場することとなりました。

  

あおり運転防止街頭キャンペーンに参加

 平成29年6月5日に、神奈川県内の東名高速道路において「あおり運転」を原因とする悲惨な交通事故が発生し、大きな社会問題となっています。

 このことから、青森県高速道路交通安全協議会では6月4日に青森中央IC料金所入口にて「あおり運転防止街頭キャンペーン」を実施。当協会も参加し、あおり運転防止啓発パンフレットを配布して高速道路利用者に安全運転を呼びかけました。

 

標準引越運送約款改正説明会の開催

 6月1日から施行される新・標準引越運送約款の事業者向け説明会を、4月19日(木)青森県トラック協会研修センターにて、4月20日(金)には青森県トラック協会三八地区研修センターにて、全日本トラック協会テレビ会議システムを使用して開催しました。

小学生交通安全教室(青森市立浪岡南小学校)

 小学生児童に、交通安全について学んでもらおうと青森県トラック協会青年部会が中心となって「小学生交通安全教室」を開催しました。

・4月20日(金) 青森市立浪岡南小学校
・参加生徒 204名
・実施内容 大型車の死角、内輪差巻込み事故実験、自動車の制動距離実験、飛出し事故実験

 

初任運転者特別指導教育の実施

 トラック運送会社に就職し、初めて緑ナンバートラックを運転する事となる初任ドライバーを対象とした「初任運転者特別指導教育」が4月11日(水)~13日(金)及び6月20日(水)~22日(金)に青森市の青森県トラック協会研修センターにて、また、 4月17日(火)~19日(木)及び6月6日(水)~8日(金)には八戸市の青森県トラック協会三八地区研修センターにて、それぞれ15時間のカリキュラムで実施されました。
 トラックドライバーの確保が難しくなる中、このような教育システムを設けることによって未経験の方でも安心してトラック運送業界に就職することが出来るようにしています。

小学生交通安全教室(八戸市立鮫小学校)

 小学生児童に、交通安全について学んでもらおうと青森県トラック協会青年部会が中心となって「小学生交通安全教室」を開催しました。

・4月13日(金) 八戸市立鮫小学校
・参加生徒 290名
・実施内容 大型車の死角、内輪差巻込み事故実験、自動車の制動距離実験、飛出し事故実験

 

新高校1年生への交通安全グッズ贈呈

 この春進学した青森県内の公立、私立新高校1年生へ交通安全グッズの贈呈を行いました。
 高校に進学し自転車通学をする生徒が増えることや、部活などで暗くなってから下校する生徒も多いことから、反射リストバンドと自転車交通安全リーフレット11,900セットを贈呈
 4月11日(水)に、青森県教育長室において、当協会木村会長から、県教育委員会 和嶋教育長に目録贈呈が行われました。