平成30年 春の全国交通安全運動 青森県トラック協会 実施計画について

 青森県トラック協会は、全日本トラック協会、青森県交通対策協議会及び東北運輸局策定の実施計画に基づき、下記のとおり平成30年春の全国交通安全運動実施項目を定め、4月6日(金)から同月15日(日)までの期間中、一人ひとりの自覚と協力によって実施項目の徹底を図り、本交通安全運動を推進します。
  また、実施にあたっては、全国運動重点に留意し、さらに、事業用トラック向けの対策を含めた下記事項について積極的に取り組むものとします。

全国運動の重点

1.子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
2.自転車の安全利用の推進
3.全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
4.飲酒運転の根絶


実施事項

1.安全運行の確保

【最重点推進項目】
(1)追突事故の防止   
(2)交差点事故の防止
(3)運転中のスマートフォン・携帯電話等の使用禁止

【重点推進項目】
(4)子どもと高齢者の交通事故防止
(5)夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
(6)シートベルトの正しい着用の徹底
(7)飲酒運転の根絶 
(8)トレーラ事故の防止
(9)高速道路上における事故の防止
(10)「WEB版ヒヤリハット集」を活用した安全意識の高揚
(11)健康起因事故の防止
(12)過労運転の防止
(13)「危険ドラッグ」の根絶

2.車両の安全性確保

3.事故情報等の収集による安全意識の高揚

4.広報活動の推進


参考資料

運動推進のための参考資料です。各項目をクリックし、資料をご活用ください。

※(会員専用)は、広報とらっく最新号に記載のパスワードが必要です。

4月10日は「交通死亡事故ゼロを目指す日」です。

 毎年、多くの人が交通事故により死傷しています。また、記録の残る昭和43年以降、毎日、交通死亡事故が発生している状況です。このような中、平成20年1月に、交通安全に対する国民の意識を高めるため、新たな国民運動として、「交通事故死ゼロを目指す日」を設けることとされました。
 平成30年4月10日(火)は、「交通事故死ゼロを目指す日」です。国民一人一人が、交通ルールを守り、交通マナーを実践するなど交通事故に注意して行動することによって、交通事故を無くしましょう。

2018年4月2日 | カテゴリー : 交通安全 | 投稿者 : admin