本文へスキップ

AomoriTruckingAssociation

「標準貨物自動車運送約款」の一部改正等についてTOPICS

 トラック運送事業における適正な運賃・料金の収受に向け、国土交通省では、平成29年8月4日付で標準貨物自動車運送約款等の一部を改正(平成29年8月4日公布、平成29年11月4日施行)するとともに、自動車局貨物課長より、運賃・料金を定義する通達「一般貨物自動車運送事業等における運賃及び料金について」が発出されされましたのでお知らせいたします。

  標準貨物自動車運送約款(平成29年11月4日施行)
  運賃・料金を定義する国土交通省通達

※ 青森県トラック協会では、改正後の「掲示用約款」を作成し、会員の皆様へ無償配布することとして
  います。
※ 会員以外の事業者は、上記リンクより印刷した約款を店頭や営業所内に掲示して下さい。

改正のポイント

(1)荷送人が提出する運送状に記載する「料金」について、次のとおり明確化しました。
  ・積込料
  ・取卸料
  ・待機時間料
  ・付帯業務料等
  また、貨物の積込み、取降し、付帯業務を委託する旨を明記するように荷送人に求めています。

(2)貨物の積付け、積込み、取降しについて及びその料金・費用の収受についても次のとおり明確化
   しました。
  ・貨物の積込みまたは取降しを引き受けた場合には運送事業者の責任においてこれを行い、運送事業者
   が別に定める料金又は実際に要した費用を収受する。

(3)待機時間料についても次の通り明確化しました。
  ・荷主都合により発生した待機時間に応じて運送事業者が別に定める料金を収受する。

(4)付帯業務及びそれに伴う料金について明確化しました。
  ・横持ち、縦持ち、棚入れ、ラベル貼り、はい作業その他を引き受けた場合には運送事業者の責任にお
   いてこれを行い、運送事業者が別に定める料金又は実際に要した費用を収受する。

  標準貨物自動車運送約款 新旧対照表

改正に伴う手続きなど

 旧標準約款を適用していた事業者(ほとんどが該当すると思います)は、平成29年11月4日以降は新約
  款にそのまま移行となりますので変更認可手続き等の必要はありませんが、店頭や営業所内への新約款
  掲示が必要となります。
 新たに発生することとなる「積込料・取卸料・待機時間料・付帯業務料」については、新約款の適用に
  伴い、運輸局への運賃及び料金の変更届(変更後30日以内に届出)が必要となります。
 改正前の旧約款を引き続き使用する場合は、事前に運輸局への「改正前の約款を使用する」旨の認可手
  続きが必要となります。

  標準貨物自動車運送約款等の一部改正に伴う事業者の手続き等について
  運賃料金設定(変更)届出書(東北運輸局)

トラック運送における書面化推進ガイドライン

貨物自動車標準運送約款改正に伴い、平成26年に国土交通省が策定した「トラック運送業における書面化推進ガイドライン」が改定されました。

  トラック運送業における書面化推進ガイドライン(平成29年8月4日改訂版)

トラック運送業における下請・荷主適正取引推進ガイドライン

貨物自動車標準運送約款改正に伴い、平成20年に国土交通省が策定した「トラック運送業における下請・荷主適正取引推進ガイドライン」が改定されました。

  トラック運送業における下請・荷主適正取引推進ガイドライン(平成29年8月4日改訂版)

関連通達

  トラック運送業における適正な運賃・料金の収受に向けた取組の推進について


※ ご不明な点は、青森県トラック協会 適正化事業部(TEL 017-729-2000)までお問い合わせ下さい。

公益社団法人青森県トラック協会

〒030-0111
青森県青森市大字荒川字品川111-3

TEL017-729-2000