本文へスキップ

Aomori Trucking Association

平成29年度 助成事業subsidy

衝突被害軽減ブレーキ装置導入促進助成事業

助成対象者 事業用トラック(車両総重量3.5トン以上、8トン未満)に衝突被害軽減ブレーキ装置を導入した青森県トラック協会会員事業者(中小企業者に限る)
助成対象機器 国の「事故防止対策支援推進事業(先進安全自動車(ASV)の導入に対する支援)」の衝突被害軽減ブレーキと同一とする。
助成対象期間  平成29年4月1日〜平成30年2月28日

公募期間及び 承認期限(各 予算は年間予 算の4分の1 )  年間予算2,700千円
・第1期公募(予算675千円): 4月〜6月20日(承認(請求)期限 6月末)
・第2期公募(予算675千円): 7月〜9月20日(承認(請求)期限 9月末)
・第3期公募(予算675千円):10月〜12月20日(承認(請求)期限 12月末)
・第4期公募(予算675千円):平成30年1月〜2月20日(承認(請求)期限2月末)

※助成金請求書は、承認を受けた各公募期間の承認(請求)期限必着にて提出してくだ
 さい。
※承認期限を過ぎた承認書は、無効となりますのでご注意ください。
※上記公募期間内であっても、予算額に達した場合は、その時点で公募受付を終了しま
 す。
導入方法 次の各方法により導入した場合が対象となります。
・現金による購入
・リース契約による導入
・割賦契約による導入
助成額 装置の取得価格の4分の1(上限5万円)
助成限度 1事業者3基まで
留意事項 国交省においても予算措置がされているが、国の補助金との併用は妨げない。
申請方法 機器装着及び支払い完了後(リース、割賦の場合は、契約完了後)に様式1「衝突被害軽減ブレーキ装着導入促進助成事業実績報告書」(助成金交付申請書)を承認を受けた期限までに青ト協へ提出してください。

添付書類
 ・車検証
 ・装着確認できるもの
   自動車車検証(写)備考欄に記載がない場合は、搭載証明書(様式2)
   その他、装置の装着が確認できる書類
 ・取得価格の確認ができるもの
   見積書、請求明細書等
 ・支払い等の確認ができるもの
   領収書(写)、割賦販売契約書(写)、リース契約書(写)
 申請書類  様式1  衝突被害軽減ブレーキ装置導入促進助成事業実績報告書(助成金交付請求書)
 様式1-2 導入内訳書
 様式2  搭載証明書(車検証備考欄に記載のない場合)