本文へスキップ

Aomori Trucking Association

荷主企業の皆様へFOR CUSTOMERS

ここでは、荷主企業の皆様へ、トラック協会からの様々な情報を提供いたします。詳しくご覧になるには各項目をクリックしてください。

  • 安全性優良事業所認定制度(Gマーク)について
     Gマークはトラック運送事業者の安全・安心・信頼のマークです。利用者がより安全性の高い事業者を選びやすくするとともに、事業者全体の安全性の向上に対する意識を 高めるための環境整備を図るため、事業者の安全性を正当に評価し、認定し、公表する制度です。
    青森県内認定事業所→平成24年〜27年度申請分 平成28年度申請分
  • ご存知ですか?トラックドライバーの労働時間のルールを
     トラックドライバーの労働環境は、長時間の荷待ち時間や契約にない附帯作業の要請等により厳しいものとなっております。
     そのような中で、トラックドライバーの労働環境の改善には、荷主の皆様の協力が不可欠であり、その前提として、荷主の皆様にトラック運送に係る法令等の理解を深めていただくことが肝要です。
    このため、厚生労働省及び国土交通省、全日本トラック協会では、荷主の皆様に向けた「改善基準告示」及び「荷主勧告制度」に関するリーフレットを作成しました。
  • トラック事業における運送契約書面化推進にご協力をお願いします
     国土交通省では、トラック事業における適正取引の推進及び安全運行の確保に向け荷主等と協働の下、運行条件に係る重要事項について書面化を推進しています。
     これからの荷主等(運送委託者)とトラック事業者のルールとして、安全と適正取引を目的とした運送契約の書面化にご協力ください。


 
   
 原油価格や為替相場、新興国の軽油需要増等の影響により、軽油価格は不安定な要素をはらんでおります。「燃料サーチャージ」とは、燃料価格の上昇・下落によるコストの増減分を別建ての運賃として設定する制度です。荷主においても安定した輸送サービスを確保するため、早急に燃料サーチャージ導入について検討を進めることが重要となっています。
 
 トラック運送事業における労働災害は、全体の7割が荷役作業時に発生しそのうちの7割が荷主等の事業場で発生しています。労災事故を減らすために私たちトラック運送業界では、安全管理体制の確立をはじめとした安全確保のためのさまざまな方策を講じております。しかしながら、荷物の積卸しに伴う労災事故の防止については、荷主の皆様のご協力が不可欠です。
 荷役作業にかかわる労災事故防止のために、荷主の皆様の事業場でのドライバー等の安全対策にご協力をお願いいたします。 


公益社団法人青森県トラック協会

〒030-0111
青森県青森市大字荒川字品川111-3

TEL 017-729-2000