近代化基金融資利子補給制度

 近代化設備投資や低公害車両購入資金を調達する際の利子補給を行うことにより、事業の近代化・合理化を促進することを目的とします。

  • 補給対象者
    青森県トラック協会の会員事業者のうち、青森県内に本社がある事業者及びその共同体、持ち株会社(参加の運送事業者に係る資金調達を行う者に限る)で、商工中金と取引資格がある者とします。
  • 補給対象事業
    次の各事業に係る融資が利子補給対象となります。
    ※平成30年度ポスト新長期等融資の受付は終了いたしました。(9/25)
    融資種別事業内容融資限度額
    ポスト新長期等融資
    【今年度の受付は終了いたしました】
    (1)ポスト新長期規制適合車単年度
    4千万円以内
    (累計6千万円以内)
    (2)平成28年排出ガス規制適合車導入に対する融資
     一般融資(1)トラックターミナル・配送センター等の物流施設の整備に要する資金
     ① トラック事業者が近代化・合理化のための事務機器 (コンピュータ・ファクシミリ・複写機・MCA機器・ソフトウェア等)の設備購入に要する資金を含む。
     ② 設備の「補修・改修」に要する資金を含む。
    単年度
    3千万円以内
    (累計4千万円以内)
    (2)福利厚生施設の整備に要する資金
    (3)荷役機械・ポスト新長期規制適合車を除く車両等の購入(代替を含む)及び車両の改造に要する資金
    (4)低公害車(ハイブリッド車)及び省エネ関連機器 (注)本体(車両・設備等)価格及び消費税に限る。(諸費用を除く)
  • 公募期間
    平成30年4月1日~平成31年2月28日
    但し、平成31年3月31日までの融資実行分であること。
    ※上記期間内であっても、予算額に達した場合は、その時点で申請受付を終了します(その場合は当ページにてお知らせいたします。)
  • 貸出利率
    商工中金の所定利率となります。
  • 償還期間
    ・10年以内(法定耐用年数が10年を下回る設備は法定耐用年数以内)
    ・車両については5年以内
  • 担保・保証人
    商工中金の定めるところによります。
  • 利子補給率
    ・ポスト新長期規…0.3%
    ・一般融資…0.3%
  • 申請書類
    (1)融資推薦申込書 
    (2)企業要項 
    (3)事業計画書(車両用)
    (4)事業計画書(一般用)