事故防止大会を開催~同時開催「トラック追突事故防止マニュアル活用セミナー」

 事業用トラックによる交通死亡事故絶無達成に向け、「事故防止大会」を開催、また、全日本トラック協会との共催による「トラック追突事故防止マニュアル活用セミナー」を8月23日に同時開催しました。

 追突事故は事業用トラックの人身事故において約半数を占め、業界の安全対策における最重要課題の一つとなっており、全日本トラック協会が追突事故防止に関してとりまとめた「トラック追突事故防止マニュアル~追突事故撲滅キット~」の内容を丁寧に説明した上で小集団での情報交換を行い、理解を深めまました。

 また、セミナー終了後に、事業用トラックによる重大、死亡交通事故防止を図るため、「トラック事業における総合安全プラン2020」において掲げられている取組みを強力に推進する「事故防止安全決議」を採択し、より一層の事故防止機運高揚と、更なる安全対策推進を誓いました。


事故防止安全決議

一、行政・事業者の安全対策の一層の推進と、利用者を含めた関係者の連携強化による「安全トライアングル」の構築を推進しよう。
一、飲酒運転などの悪質な法令違反を根絶しよう。
一、自動運転、ICT技術など、新技術の活用促進による安全性向上を図ろう。
一、超高齢社会を踏まえた高齢者事故の防止対策を徹底しよう。
一、事故関連情報の分析等に基づく特徴的な事故等への対応を実施しよう。
一、各地域における交通安全のための取組みに積極的に参加し、より良い交通環境の実現に貢献しよう。